top of page

東京、ロンドンを拠点にテキスタイル制作活動を行うアーティスト、鶴見朋世。

大学、大学院で染織を学び、織り特有の構造から生まれる奥行きのある表情を中心とした作品づくりを行っています。人と素材と空間が生み出す、現象的かつ抽象的な関係性を模索することをコンセプトに、素材と向き合い、さまざまな技法や構造を用いて表現しています。繊維は言語であり、視覚的な情報を超越する素材であると考え、見えない対話を可視化することで人間の知覚を触発し、感覚を拡張する表現を探究しています。

 

そのプロセスは空間に漂う余白を聞き、余韻を読むことから始まります。色や形のない不規則な動きを繊維で捉えることで、空間と人がテキスタイルを通して共鳴し、新たな調和を作り出しています。日常に漂う瞬間を捉えることで普遍的な断片の美しさを紡いでいる作品からは、空間と時間が渾然一体と感じる詩的な雰囲気が広がります。

Education

2021-2023 - 王立美術学院デザイン学部テキスタイル 大学院修了

2018 - 多摩美術大学生産デザイン学科テキスタイルデザイン専攻 卒業

2016 - へリット・リートフェルト・アカデミー (短期交換留学

Grants & Awards 

2023  - Textile Society 奨学助成金 受賞

2023 公益財団法人野村財団 美術部門奨学助成 受賞

2022  - 公益財団法人ポーラ美術振興財団 在外研修員助成 受賞(イギリス)

2018  - 多摩美術大学生産デザイン学部テキスタイルデザイン専攻 卒業制作優秀作品選出

2016,2017 - 多摩美術大学優秀学生奨学金 受賞

 

Exhibitions & Residency

​2024 -  展示 'A Matter of Life'  TextielMuseum, (ティルブルグ、オランダ)

2024 -  展示 'Commendation and intention'  Pola Museum Annex, (東京、日本)

2024 -  展示 Art Fair Tokyo 2024 (東京、日本)

2023 - 展示 'layered' Gallery Stoop, (東京、日本)

2023 - Advance Textile Program at TextielLab, TextielMuseum, Tilburg, Netherlands

2023 - 個展 absence of absolute -dialogue at teto- exhibition (ロンドン、イギリス)

​2023 - 展示 Royal College of Art Final Show at Truman Brewery, (ロンドン、イギリス

2022  - Studio Aphorisma レジデンス スカラーシップ (トスカーナ、イタリア

2022  - Design Campus Dresde  (ドレスデン、ドイツ

2022  - Experiemental Studio: Jacquard, Textile Center Haslach,   (ハスラ、オーストリア

2021  - 展示 'yuhl' Base Milano, ミラノデザインウィーク (ハスラ、オーストリア

 

 

bottom of page