top of page

​(un)revealed time

Echoes of time whisper through the landscape,

Each echo a silent dialogue with existence,

Creating a tranquility of time with profound density.

Silent, it is a reminiscent memory of the land.

--

Collaborating with the Textielmuseum, the piece intertwines the history of Tilburg with the intricate patterns of damask.

Through observation and deconstruction of archival damask patterns, the piece reconstructs the essence of time itself. It is an internal journey through imperceptible atmospheres, beyond the present and physical matter. Layers of weave represent layers of time. The act of uncovering and exposing is a transcendental experience, where the boundaries between past and present blur into a seamless continuum. Reminiscent of the land itself, the piece exposes numerous portals of contemplation, inviting viewers to traverse the vast expanse of time.

オランダの南部の街にあるティルブルグのテキスタイルミュージアムとのコラボーション作品。

ティルブルグを含めたオランダ南部は、ダマスク織で作ったテーブルリネンの生産が盛んであった歴史からインスピレーションを受け、美術館に収蔵されているダマスク柄の特徴的な要素をひとつひとつ紐解き、それらを再構築することで、その地域特有の歴史やそこに流れていた時間を新たな織として表現。4層の織りのレイヤーで表現することで、長年その地域で受け継がれた時間の蓄積を表現し、その層を切り、柄を作り上げることで埋もれていた過去の時間を今と繋げる。土地特有の空気感や時間を学び、そこから新たな作品を作り上げ、空間に落とし込むことで過去から今そしてその先へと、続く対話を表現。

exhibition

'A Matter of Life' at TextielMuseum, Tilburg, Netherlands

work : textile installation

date : 2024

technique : jacquard weave

​material : linen, mohair, paper

bottom of page